教育方針

本園は浄土宗新善光寺によって設立された仏教系ミッション幼稚園です。

創立以来、仏教的倫理観を根底とした人間教育(仏教保育)の実践に努め、今、ものが豊かでも心が貧しくて悲惨な事件が多くなっている世の中で強く求められている「心の教育」、その原点である【生命尊重の保育】を行い、多くの「ほとけさまの子ども」を育んでおります。

「仏教保育」は、決して特定の宗派の信仰を目的とするものではありません。「仏教保育」とは、仏さまの教えを通じて、子ども達が「人」として生きていく上で最も大切な、生命尊重、慈悲心、感謝の心、正しい道徳性(モラル)の芽生えを育てる保育です。

【教育目標】~健全な精神と身体を持った人間性の基礎を育てる
【目指す幼児像】~心と身体の成長の調和がとれた幼児

しろいし幼稚園が大切にしている3つの教育方針

子ども達主体
仏教保育
生命の大切さを知り、ありがとう・ごめんなさいが自然と言える素直で優しい心を育てる
体験保育
体験保育
いろいろな行事・保育などを通し、多くの「ふしぎ・はっけん・かんどう」の体験から感性を育てる
健康保育
健康保育
走る・飛ぶ・登るなどの運動遊びによって基礎体力をつくり、健康への興味関心と挑戦する意欲を育てる
top
Copyright© 2013–2017 しろいし幼稚園 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi - iChild